• ENGLISH >

  • ニュースリリース

2018年11月27日

東和エンジニアリングが快適な議場づくりをご提案。「議場運営システムNeo」で、音響・映像システムを集中コントロール!

 株式会社 東和エンジニアリングは、全国の官公庁・公共施設へ『音響・映像システム』を40年以上にわたり納入してきました。これまでの実績とノウハウに先進のICTシステムを連携させて、お客様にとって最適な議場づくりを提案いたします。
 また、迅速で確実な情報交換と議会運営に向け、提案、設計・施工から納入後のサポート・運用支援まで、お客様のシステム活用をワンストップでサポートしています。


■議場運営でこんなお悩みはありませんか?
「マイクやカメラを集中コントロールしたい」
「出席議員数や採決のデータ集計を迅速に実施したい」
「議会中のオペレーションの効率化を図りたい」


 議会システムコントローラー『議場運営システムNeo』なら、議席マイクのON/OFFや録音、音量調整、残時間、ブザー、外部スピーカーの操作など、議会運営で必要な操作をマウスやタッチパネルによるパソコン操作で簡単にコントロールできます。限られた運営人数でも、効率の良い議会運営を実現します。


◇『議場運営システムNeo』のご案内、お問い合わせはこちら
  ⇒ https://www.towaeng.co.jp/solution/kaigi/gijyou/


■議場運営システムNeoの特長

◎マイクの制御、映像・テロップの制御
座席レイアウトを再現した画面構成で、直感的に発言者のマイクのON/OFFが可能。また、マイク操作に連動して自動的に発言議員のカメラ表示とテロップが挿入。少ない手間で、確実なシステム操作をサポートします。

◎複数の議席レイアウト登録
定例会以外の議席レイアウトや参加者登録が行えます。
会議開催時にすばやく画面切り替えが行え、事前準備の手間を軽減します。

◎出席議員数や採決をすばやく集計
出席議員数は、標柱を立てる動作に連動して自動集計が可能。
採決は、各議席に設置したボタンから投票ができ、集計結果をディスプレイで即時に把握。集計時間を短縮し、見える化や情報共有を図れます。


◇『相馬市役所 様』の事例はこちら
 「議場運営システムNeo」によるシステムの集中管理でスムーズな会議進行を実現
 ⇒ https://www.towaeng.co.jp/case-study/case95/


東和エンジニアリングは、議場・公共施設、学校・教育施設、企業などに、ICTを中核とした音響・映像システムをご提供しています。導入後もシステムを最適な状態でご利用いただくためのサポートサービスにもご好評をいただいています。


■本件に関するお問い合わせ先
 株式会社 東和エンジニアリング
 電話:03-3255-1661 FAX:03-3253-4658
 ホームページ:https://www.towaeng.co.jp/

関連URL:https://www.towaeng.co.jp/solution_public/

付帯情報

東和エンジニアリングが快適な議場づくりをご提案。 「議場運営システムNeo」で、音響・映像システムを集中コントロール!

東和エンジニアリングが快適な議場づくりをご提案。 「議場運営システムNeo」で、音響・映像システムを集中コントロール!

↑