• ENGLISH >

  • ニュースリリース

2018年05月30日

いつもの会議室を災害対策室として活用できる!マルチウィンドウプロセッサーでカメラ映像やニュース画面など、緊急時に必要な情報を多画面表示

 株式会社 東和エンジニアリングの「マルチウィンドウパス TMP972」は、一画面に最大32画面のコンテンツをマルチ表示できるマルチウィンドウプロセッサーです。
 既存のディスプレイやプロジェクターに、静止画や動画をはじめ、オフィスソフト、WEBページなどを、自由な大きさとレイアウトで映し出すことができます。

 平常時は普段の会議室として、複数の拠点を繋いだテレビ会議や動画・WEBページ・資料を組み合わせたプレゼンテーションにて使用。
 緊急時は、“監視カメラ映像”や“地図情報”、“テレビ会議映像”など、状況判断に不可欠な情報を迅速に集約表示し、会議室を災害対策室として活用することができます。


  ◇『マルチウィンドウパス TMP972』のご案内、お問い合わせはこちら
  ⇒ https://www.towaeng.co.jp/solution/eizou/mwp/tmp972.html
 
  ◇(参考)マルチウィンドウプロセッサーの最新事例はこちら
  ⇒ https://www.towaeng.co.jp/case-study/case105/


【TMP972の特長】

≪耐久性に優れた設計≫
24時間365日の稼動が可能な耐久設計で、万一の場合も会議を止めない連続使用が行えます。

≪4K映像も映し出せる、高画質映像≫
現場の映像をクリアに映し出し、スムーズな状況判断を行えます。
また、文字もくっきりと読みやすく、ストレスなく文字情報を追うことができます。

≪タッチパネルによる操作で、必要な情報に瞬時に切り替え≫
テレビ放送や気象情報、インターネット情報など、使用頻度が高いコンテンツをあらかじめ設定し、ボタン選択で呼び出しができる“パターン登録”があります。会議用、災害時用など、場面ごとに設定ができます。


 東和エンジニアリングは、音響・映像・ICTソリューションを中心としたコンサルティング提案により、学校・企業・公共施設において、お客様のご要望を具現化した快適な環境づくりでご好評をいただいています。



■本件に関するお問い合わせ先
 株式会社 東和エンジニアリング
 電話:03-3255-1661 FAX:03-3253-4658
 ホームページ:https://www.towaeng.co.jp/

関連URL:https://www.towaeng.co.jp/solution/emg/bcp/

付帯情報

いつもの会議室を災害対策室として活用できる!マルチウィンドウプロセッサーでカメラ映像やニュース画面など、緊急時に必要な情報を多画面表示

いつもの会議室を災害対策室として活用できる!マルチウィンドウプロセッサーでカメラ映像やニュース画面など、緊急時に必要な情報を多画面表示

↑